リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

間取り変更なし!可変性のある子ども部屋と散らからない家。《リノベーションのビフォー&アフター vol.4》

リノベの最新情報

「リノベの最新情報」の「間取り変更なし!可変性のある子ども部屋と散らからない家。《リノベーションのビフォー&アフター vol.4》」

リノベーション住宅のビフォー&アフターをスペース別にくわしくお届けしているこのシリーズ。今回は5歳のお姉ちゃんと3歳の弟くんのいる4人家族のリノベーションを取り上げました。性別の異なる兄弟は成長とともにプライベートスペースを分けてあげたいもの。でも子どもが小さい間は家族一緒に過ごしたい。そんなライフスタイルの変化に対応できる可変性を持ちながらも、家族が帰りたくなる心地よさを持ち合わせた住まい。そんな夢のようなリノベーションのビフォー&アフターです。

間取りの変更はなし。使い方を決めたことで暮らしやすさがUP!

before:図面

after:図面

図面のとおり間取りの変更はなく、LDKへの入り口をずらしただけ。では今回のリノベで何が変わったのか?内装がキレイになったことはもちろんですが、実は細かな仕様がいろいろと変わっています。間取りを変えなくても理想の暮らしが実現できたのは、「10年住んだ家だからこそ、どこをどう使いたいか」をFさんが明確に持っていたから。間取りを大きく変化させることだけがリノベーションではありません。適切な設備、収納、そして心地よいインテリアを整えるだけで暮らしの質はぐっとあがります。

和室からトリックのある子ども部屋へ

before:押し入れのある和室

after:オリジナルベッドのある子ども部屋

リビング横にある和室は押し入れも合わせ洋室に変更して子ども部屋へ。真ん中には2段ベッドを置きました。実はこのベッドがこの部屋の重要なポイント。姉と弟が将来は部屋を分けて使えるよう、開口部以外は壁になっており相手の様子は見えないように作られています。2人が大きくなったときは、このベッドを中心に新たに壁をつければ完全に分かれた部屋が誕生。その時のために入り口も電気のダクトもきちんと2つ用意されています。

スッキリ感はそのままに収納力がUPしたリビング

before:シンプルなリビング

after:木の素材感であたたかみのあるリビング

リノベーション前のリビングは家具を置いて収納スペースを確保していましたが、子どものおもちゃや文房具、絵本など小さなものが散乱してしまうのが悩みでした。「いつでも人を招けるリビングがほしい」というFさんの希望を叶えるべく、壁面いっぱいに収納を造作しました。造り付けの収納棚は無駄なスペースがなく、使い勝手も抜群。この壁面収納に、リビングボード、テレビボード、そしてパソコンスペースまで取り入れています。
そして注目していただきたいのが「梁」。より広く感じさせるため天井を上げていますが、一部は壁面収納に取り込み、ダクトで下がっている部分は緩やかなカーブをつけて意図的に天井の飾りのように仕上げました。このカーブが自然素材ともマッチし柔らかな雰囲気を演出しています。

広さは変わらないのに洗面台も収納も2倍以上になったサニタリー

before:コンパクトな洗面台

after:家族みんなで使える広さに

2人並んで使うのが精いっぱいだった洗面台は、隣にあった洗濯パンの位置を奥にずらすことで広々としたスペースを確保。 家族全員が一緒に使えるようになりました。鏡の裏が収納になっているので、化粧品からドライヤーまで家族がここで使いたいものが十分に収まります。洗面ボウルと一体型のカウンターはお手入れもしやすく見た目にもスッキリ。カウンターの下はオープンになっているので視覚的にも広く感じます。

before:なぜか奥にふかしがあった脱衣スペース

after:壁面いっぱいに収納棚を造作

洗面室とつながる脱衣所は不要なふかし部分をなくし快適な広さに。洗濯パンを奥に移動させたことで服を脱いだらそのまま洗濯機にポイ。動線もまとまりました。壁面には奥行きの浅い収納棚を一面に設置。可動式なので、収納するものに合わせ高さを変えられる優れもの。家族全員の下着やパジャマ、タオルもすべてここにおさまります。さらに、洗面室と脱衣所の間に引き戸をつけプライバシーにも配慮しました。

モノがあふれていた玄関が家族を"出迎える"空間へ

before:さまざまなモノであふれていた玄関

after:無垢板をつかった贅沢なシュークロークがお出迎え

「とにかくあふれるモノをスッキリと片づけたい!」「暗い印象を変えたい!」というFさんのリクエストを受け、玄関の壁いっぱいに無垢板のシュークロークを造作。玄関正面の壁にも調湿効果のあるタイルを張り、ホールのような雰囲気に。お客様にもとても好評だそうですが、何より家族みんなが「ウチに帰ってきたぁ~」とホッとする空間になったそう。訪れる人を出迎えるにふさわしい、木のあたたかみを感じる玄関になりました。

リノベりす編集部コメント

10年住んだマンションだからこそ、かゆい所に手が届くリノベーションになっていますね。ビフォー&アフターを比べてみると、収納の量が2倍近く増えているだけでなく、自然素材がふんだんに使われ、明るく心地よい住まいになったのがわかります。間取りを変えなくてもここまで住まいの印象が変わっているのは驚きます。仲のよいFさん家族。家で団らんする時間もより多くなりそうですね。

この事例の室内の様子・詳細は、以下よりご覧いただけます。

成長と共に変化する子供部屋のある住まい

 
この事例をもっと詳しくみる

人気のリノベーション事例