1位は「つくりこまない、余白のあるリノベ」|リノベーションランキング(2022年5月)

リノベのトレンド

2022年5月に公開された人気リノベーションTOP5を発表します。今月は、部屋やインテリアを足せる「余白」を残した住まいが1位にランクイン。洗濯物が乾くサンルームや障子を取り入れた和モダンなど、憧れをカタチにしたリノベーションにも注目が集まりました。

1位:つくりこまず自由に使う、余白のある家 [ゼロリノベ]

第1位は、リモートワークで家時間が増え、もっと静かで広い家に住みたい…と思ったのをきっかけにスタートした、中古マンション購入×リノベーション。

家にいるほとんどの時間を過ごすLDKは、ワークスペースを含めると20畳を超える広々と開放感のある空間へ。ワークスペースをガラスの引き戸で間仕切るなど、個室はなるべくつくらず、ライフスタイルに合わせて部屋を足していけるプランとしました。
内装は極力シンプルに仕上げ、コンクリート現しの壁や天井はあえて白く塗装。「余白を残す」間取りとインテリアで、これからの変化も楽しみな住まいです。

3LDKをほぼワンルームにリノベーション。ミニマルな空間に北欧インテリアが映える住まい


ゼロリノベ

この事例をもっと見る

ゼロリノベ:大澤さん

おふたりで丁寧に選び抜いた家具やキッチンを主役にするため、色味は最小限にし、装飾などの余分なものを削ぎ落とした空間づくりを目指しました。
機能部であるワークスペースは、リビングとの繋がりを残しつつ個室へと可変すること、空間、採光を断ち切らない扉や窓を採用し、圧迫感を感じやすい個室の息苦しさから解放され、心地の良い部屋の繋がりができたと思います。

2位:くつろぎ感を損なわない!引き戸で仕切る部屋干しサンルーム [インテリックス空間設計 ]

光と風が心地よいサンルームと広々としたLDKを手に入れたリノベーションが第2位。
サンルームは「部屋干しが気にならない」ことがマスト。そこでLDKとは引き戸で仕切り、くつろいでいる時や友人が遊びに来た時も洗濯物が目に入らないようにしました。

LDKは独立キッチンや和室をすべて取り込んだオープンプラン。キッチンはサンルームに向けた対面式に変え、背の高い妻が使いやすいよう高さ90cmのものを取り付けています。木目が美しいオーク材の扉は夫妻が惚れ込んだデザインで、床や家具もキッチンのテイストに合わせて選びました。

憧れのサンルームをリノベで実現!暮らしやすさのアイデアが詰まったマンションリノベーション


インテリックス空間設計

この事例をもっと見る

3位:障子を透過する光がやさしい、和と洋のミックスインテリア [KULABO(クラボ) ]

第3位は、障子とフローリングを調和させた、シンプルで洗練された和モダンな住まい。壁紙の張り替えを機に、生まれた子どもとの暮らしに合う家へと全面リノベーションしました。

仕切りをなくしたLDKの大きな窓には、カーテンではなく障子を設置。さらに造作家具をオーク材で統一し、直線的なデザインを多用することで、和の趣きを演出しています。
また部屋数を減らして玄関とウォークインクローゼットを拡張。2つのスペースを連結し、外出する時や帰宅した後の動きをスムーズにしています。クローゼットには物干しスペースもあり洗濯動線も便利になっています。

窓に障子を取り付けて、柔らかい光に満たされる和モダンスタイルにマンションリノベ


KULABO(クラボ)

この事例をもっと見る

4位:開放感抜群のフレキシブルプランに遊び心を加えて [エキップ(equip) ]

南側に4窓並ぶワイドスパンのマンションを、建築の仕事に携わる夫妻がリノベーション。
テーマは、明るさと開放感を活かすこと。ほぼスケルトンの状態に戻し、細かくサイズ調整をすることで、居心地のよい場所をつくり上げています。部屋はあえて独立させず、視線を通して広々とした印象に。

子どもの成長に合わせて変えられるプランで、現在寝室とひと続きのワークスペースは、壁を立てて個室にすることも可能です。
屋外の心地よさを感じるウッドデッキやインナーバルコニー、そして躙口(にじりぐち)のような開口など遊び心も満載です。

視線を通して広さを最大限に感じる家。4つの掃き出し窓を活かしたマンションリノベーション


エキップ(equip)

この事例をもっと見る

5位:キッチンを中心に住まいの性能を上げる団地リノベ [錬(れん) ]

昭和に建てられた公団団地をスケルトンリノベーションした事例。古い団地に多い壁式構造のため、間取り変更はほとんど行わず、設備や内装を新しく整えました。

キッチンは本体の交換とともに、配膳などに便利な対面カウンターを新設。少し高さのあるアイランド型で、キッチンの散らかりを目隠ししながら、複数人の作業もしやすくしています。
壁や天井、タイルや扉まで、光を反射する白で統一した室内は、実際以上に広がりを感じる空間に。基本はシンプルですが、木目がはっきりしたクリの床や違い棚のようなテレビ台などで個性を発揮しています。

築54年・壁式構造の団地をリノベーション。カフェのようにくつろげるナチュラルな住まいに


錬(れん)

この事例をもっと見る


「さぁ!リノベーションで家づくり始めよう」と考えているあなたへ。
リノベりすでは、「最高のリノベーション会社を見つけよう」をコンセプトに、あなたに寄り添い、依頼先選びをお手伝いします。

「リノベ会社紹介サービス」では、さまざまなリノベ会社の強みや魅力を知る専任アドバイザーが、中立な立場から全力でサポート!あなたにとって、最高のリノベーション会社をご提案します。

リノベーション会社紹介サービス

関連するリノベーションを知る記事

人気のリノベーション事例