リノベーション情報サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション情報サイト

戸建リノベーション事例

やわらかな光が美しく、自然素材が織りなす心地よさが広がる戸建てリノベーション

設計・施工 リノベーション会社「株式会社駿河屋」ロゴ 株式会社駿河屋

「株式会社駿河屋」のリノベーション事例「やわらかな光が美しく、自然素材が織りなす心地よさが広がる戸建てリノベーション」

扉を開けると広がる、優しい無垢材に包まれたぬくもりを感じる空間。リビングダイニングが一体となり、ペニンシュラ型に生まれ変わったキッチンは、手元が隠れるサイズの腰壁を設けることによって、開放感と作業のしやすさを叶えています。

庭付きの戸建て住宅。1階部分の暗かったリビングを、キッチンとの間仕切りを取り払うことで広々としたLDKに。廊下との間仕切りには大開口のガラス入り建具を採用し、扉を開ければ廊下もリビングの一部に、扉を閉じていても、ガラス越しに光を感じられるような開放的な空間づくりに成功しました。

株式会社駿河屋

創業1657年。こだわりの天然素材の家を五感で感じてもらうための「宿泊体験型モデルルーム」も好評

ガラス入り建具で、自然光が溶け込む開放的な空間を演出

1階にあるリビングを明るくするのが大きな課題のひとつだった今回のリノベーション。まずは玄関からも外の光が取りこめるよう、ガラス入りの建具を設えました。ガラスは表面に彫り模様を施した型板ガラスを採用し、視界を遮る効果でプライベートを守りつつ、表面の凹凸は光線を拡散させるため、空間をよりやわらかな印象に変えてくれます。また玄関を入ってすぐの階段部分は、吹き抜けになっているので2階からの光も程よく届くようになっており、日中は特に自然な明るさに包まれた空間に。
さらに玄関から続く廊下とリビングの間には、大開口のガラス入り建具を採用することで、玄関と2階部分から取り込まれた光は、そのままガラスを通してやわらかく室内まで広がるようになりました。採光環境が整うことで玄関や廊下、リビングは、明るく開放的な印象に生まれ変わりました。

リノベーション、戸建てリノベーション、駿河屋、玄関、建具、型板ガラス、ガラス建具、ガラス入り建具

扉は開閉できる部分以外にもFIX窓を設け、採光部分を多く取り、さらに明るい印象に。壁や床の明るい色合いも限られたスペースの圧迫感を解消しています。

リノベーション、戸建てリノベーション、駿河屋、玄関、建具、ガラス建具、ガラス入り建具、自然素材、珪藻土、コテ波仕上げ、吹き抜け階段

玄関の壁は自然素材の珪藻土を使用。ガラス入り建具から差し込まれる自然光と柔らかな照明によって、コテで仕上げた滑らかな波形の陰影も美しく浮かび上がります。

呼吸する自然素材を通して、内と外がひとつながりに感じられる家

キッチンとリビングの間にあった間仕切りを取り払い、一体となったLDK。床材や建具、家具には同系色の木材を使用することで、さらに開放的な仕上がりに一体感がともなった空間となっています。
掃き出し窓にはそのまま庭に出られるウッドデッキを設置。部屋の中でも、呼吸する素材と呼ばれる珪藻土や無垢フローリングなど自然素材を多く使っているので、より一層室内と外の自然がひとつながりになった印象に。外から見ても内から見ても、ほっとするような自然な空気を感じられる家。光と風、美しい空気が行き渡る、心地よい空間が完成しました。

リノベーション、戸建てリノベーション、駿河屋、ガラス入り建具、リビングダイニング、ペンダントライト

暖色系の照明が似合うナチュラルな空間。ガラス入り建具の向こう側の明かりもやさしく漏れ、シンプルながらも温かみを感じる佇まいになっています。

そのほかの画像を見る

リノベーション、戸建てリノベーション、駿河屋、ガラス入り建具、リビングダイニング、ナチュラル

廊下との間仕切りに大開口のガラス入り建具を設けることで、さらに広々と感じられるようになったリビングダイニング。

リノベーション、戸建てリノベーション、駿河屋、ガラス入り建具、リビング、ウォールシェルフ、テレビ台、造作、ナチュラル、観葉植物

美しい木目を生かし、ナチュラルなトーンで統一させたリビング。ウォールシェルフやテレビ台も造作で設えました。

リノベーション、戸建てリノベーション、駿河屋、ナチュラル、無垢材、ペニンシュラキッチン、ダイニングテーブル、ダイニングチェア

リビングやダイニングにいる相手と、会話をしながら作業ができる対面キッチン。ダイニングテーブルやチェアも無垢フローリングと同系色の木材で、空間の統一感を大切にしています。

リノベーション、戸建てリノベーション、駿河屋、ナチュラル、無垢材、ウッドデッキ、掃き出し窓

自然の光が注ぐ大きな掃き出し窓から庭につながるウッドデッキ。室内とゆるくつながっているのでガーデニングや家庭菜園も気軽に楽しめます。

リノベりす編集部コメント

計算された窓や建具によって自然の光や空気を効率的に取り込み、厳選された自然素材が室内の空気もきれいにしてくれるという、理想的な住まい。開放的に生まれ変わったLDK空間は、美しい木目を眺めているだけでも、無垢材の良い香りや優しい肌触りが伝わってくるようです。自然の光を取り込むための建具選びや配置についても勉強になるリノベーション事例でした。

Data

所在地: 杉並区
工事費: 800万円
設計: 株式会社駿河屋
施工: 株式会社駿河屋

MATERIAL

壁:珪藻土(リビングダイニング・玄関)
床:無垢フローリング

INSTRUMENTS

ウォールシェルフ:造作
テレビ台:造作

設計・施工

リノベーション会社「株式会社駿河屋」ロゴ 株式会社駿河屋

材木業から始まった会社ならではの視点とルートで自然素材・天然素材にとことんこだわる。
「住」から発信し、「衣」「食」「住」すべての質的向上を目指し、オーガニックや無添加食品、自然素材の雑貨などを扱うナチュラルショップも展開。宿泊して体感できるモデルルームや木の伐採体験なども実施しているので、本物の天然素材が気になるならぜひ問い合わせたい。

リノベりすからの資料請求/イベント申込でもれなくリライフプラスバックナンバープレゼント!

さらに100万円以上のご成約で1万円分のAmazonギフト券プレゼント!!

※資料請求やお問い合わせは姉妹サイトSUVACOへリンクします。SUVACOについてはこちら。

関連するリノベーション事例