マンションリノベーション事例

持ち家を暮らしながらリノベ。開き戸を極力排除し、ひとも愛犬も安全に暮らしやすく

リノベーション事例「持ち家を暮らしながらリノベ。開き戸を極力排除し、ひとも愛犬も安全に暮らしやすく」

「持ち家リノベ」だったため、暮らしながら少しずつ工事を進行。「子どもやペットの環境を変えずに済んだのがよかったです。工事の変遷を見られたのも面白かったですね」とKさん夫妻。小学1年生の娘、フレンチブルドッグのタイガくん、コウガくんと暮らしています。

「住みづらさ」を感じるようになった、築5年の住まいをリノベーション。原因のひとつだった開き戸の多さを解消し、愛犬が快適に過ごせるスペースもつくりました。

DATA

間取り図

リノベーション前の間取り

リノベーション後の間取り

SHUKEN Re(シュウケンアールイー)

造作家具も自社製作だからよくばりなリノベーションが実現

中心価格帯
500 ~ 1,000万円

対応エリア
千葉県 / 東京都(23区) ※詳細はお問い合わせください

扉の多い不自由な住まいをリノベで改善

子どもの誕生をきっかけに今のマンションを新築で購入したKさん夫妻。広さも立地も満足していたのですが、2年ほど暮らすうちに「住みづらさ」を感じるようになりました。
原因のひとつは、開き戸が多く、扉と扉が干渉する場所もあったこと。家じゅうのドアのレバーが、成長した子どもの顔の高さにあるのも気になってきたのだそう。また愛犬のコーナーに西日が入って暑く感じることもあったので、家族が不在のときにも快適に留守番できるようにしたいという思いもありました。

そこで扉の交換と愛犬コーナーについて、SHUKEN Re(シュウケンアールイー)に相談。プランナーの提案に心が動き、「いずれリノベーションしたいね」と夫妻で話していた部分を、このタイミングで改修することにしました。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、フラットキッチン、コルクタイル、アクセントクロス

人はもちろん愛犬も快適に暮らせることが大きなテーマ。既存の床の上には、コルクのフロアタイルを敷いて脚の負担を減らしています。機器やコード類を触らないようテレビは壁掛けに。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、ブルーレイ機器収納、いたずら防止、愛犬と暮らす

レンジフードの反対側にブルーレイデッキの収納スペースを設置。フラップ式に全開できる扉は内部の機器がリモコンに反応するつくりで、愛犬のいたずら防止にも。

愛犬たちと暮らしやすい空間をつくる

リビングダイニングは、圧迫感のあった隣室との間仕切り戸を取り払い、ひと続きの大空間に。既存の収納は折れ戸に変更し、開閉時のスペースを最小限にとどめました。寝室と洗面室の入り口には引き戸を設け、さらに玄関をはじめ扉付きだった収納をオープン棚にすることで、安全性をぐっと高めています。

玄関土間に隣接する部屋は、念願の愛犬コーナーに変更。大きな室内窓を使い、エアコン完備の涼しい玄関土間とつなげて、開放感抜群の心地よいスペースをつくりました。キッチン側にも開閉タイプの室内窓を設けているので、愛犬コーナーの気配が家族のいるLDKに自然に伝わります。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、ワンルーム、コルクタイル、ワークスペース

開放的でのびやかなリビングダイニング。扉をなくすことで、気持ちのよいくつろぎの空間を実現。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、スタディスペース、ワークススペース、造作デスク

大きなデスクを造作して子どものスタディスペースに。夫妻の在宅勤務用のプリンターも隠しながら収納しています。

そのほかの画像を見る

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、フラットキッチン、対面式キッチン、ダクトレール

天板が広くて使いやすいフラットなキッチンは、ダイニング側からの配膳や片付けにも便利で友人たちにも大好評。以前は水垢汚れが気になっていたことから、白い有機ガラス系の水栓を選びました。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、キッチン収納、タイル風クロス、室内窓

背面のカップボードは収納量を優先して引き出し4段に。愛犬コーナーとつながる室内窓がアクセント。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、対面式キッチン、フラットキッチン、ダクトレール

まだ新しいキッチンの食洗機、ディスポーザー、IHヒーターを再利用。さらにタイル風のクロスを使うなどでコストを調整しました。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、カフェコーナー、折戸、コルクタイル

カフェコーナー&収納は、全開できる折戸に変えたことで使いやすくなり、開閉時も省スペースに。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、カウンター収納、ベッドヘッド、スマホ電源

家族みんなの寝室は、柱の凹凸を逆手にとったカウンター収納を新設。オープンな部分の左右にはスマホの充電コーナーも。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、ペットコーナー、室内窓、オープン収納

廊下側には壁を設けず、ゲートと室内窓で玄関土間とつながる、オープンな愛犬コーナー。昨秋亡くなったケイトちゃんの思い出の品々を並べておける棚も、追加工事で取り付けました。安全性に配慮してコンセントを通常より高めの位置に設けています。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、ペットコーナー、室内窓、オープン収納

奥のスペースを活用してペットシーツなどの収納に。愛犬スペースや廊下には高さ30センチの病院用巾木を使用。「壁にお尻をくっつけて寝ることがありますが、汚れてもビニール製の巾木ならサッと拭くだけで済みます」。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、造作洗面台、オープン収納、無印良品

コロンと丸いボウルが目を引く造作洗面台。クロスはキッチン同様タイル風で、コストを削減しました。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、オープン収納、無印良品、無駄のない収納

狭い空間で、開け閉めしにくかった大きな収納扉は撤去し、モノが見渡せるオープン棚に変更。無印良品のアイテムを使って機能的かつ美しく収納しています。

マンションリノベーション、	SHUKEN Re(シュウケンアールイー) 、玄関土間、オープン収納、自転車置き場

広くなった玄関土間。「ペット用のカートをたたまずにそのまま置けるのが便利。子どもの自転車置き場やゴミの一時置きとしても重宝しています」。

リノベりす編集部コメント

数年過ごして分かった、開き戸の多さによる暮らしにくさが、すっきり改善されていますね。移動したワンちゃんの部屋は明るくて風通しがよいので、気持ちよくお留守番できそうです。オープン収納もしまう物がしっかり考えられていると思いました。

ビフォー・アフター

リノベーション前

リノベーション後

MATERIAL

床:既存+フロアタイル(LDK、洋室)、フロアタイル(洗面室、トイレ)
壁:クロス

INSTRUMENTS

キッチン:Panasonic Lクラス(IH、食洗機、ディスポーザーは既存)
カップボード:Panasonic ラクシーナ4
浴室:既存
洗面:造作(ボウル:セラトレーディング、混合水栓:サンワカンパニー、ミラーボックス:LIXIL)

この事例のリノベーション会社情報をみる

SHUKEN Re(シュウケンアールイー)

造作家具も自社製作だからよくばりなリノベーションが実現

中心価格帯

500 ~ 1,000万円

対応エリア

千葉県 / 東京都(23区) ※詳細はお問い合わせください

この会社のほかのリノベーション事例

もっと見る

この会社の近日開催イベント

もっと見る

関連するリノベーション事例

もっと見る