リノベーション専門サイト「リノベりす」

リノベーション専門誌「relife+」 X SUVACO のリノベーション専門サイト

マンションリノベーション事例

2つのロフトが入れ替わる、新しい可変型リノベーション

「howzlife(株式会社秀建)」のリノベーション事例「2つのロフトが入れ替わる、新しい可変型リノベーション」

DATA

2人のお子さんを育てるには少し手狭に感じてきていたEさん。悩まれた末にだした結論は、住み替えではなく今の住まいを生かすという選択。広くとったリビングに様々な機能を持たせる「可変型オープンスペース」という着想で大きな前進となりました。

howzlife(株式会社秀建)

秀建が手掛ける、不動産仲介を含むワンストップ・サービスに特化したブランド。オーダー家具やグリーンコーディネイトもOK。

対応エリア
千葉県 / 東京都 / 神奈川県

共働きの子育て世代が考えた今と未来のゾーニング

結婚後、お互いの会社へアクセスのよい都心の新築マンションを購入されたEさんご夫妻。2人のお子さんが成長していく過程で、もう少し広い一戸建てへの住み替えを考え始めました。しかし、家は広くなるが会社までは遠くなる状況は子どもにもよくないということで、今のマンションを使いやすくリノベーションすることを決意。築11年のまだ傷みの少ない住まいでしたが、今まで暮らしてきた間取りの欠点を踏まえて、限られたスペースを効率よく使えるようゾーニングを熟考。その結果、Eさんの住まいに対する情熱とアイデアが見事にカタチになっています。

ハウズライフ、howzlife、マンション、リノベーション、ロフト、リビングルーム

ロフトから見下ろしたときのリビングの佇まい。間仕切りのない開放的なプランです。

子どもが大きくなったらロフトの機能を交換するという発想

広くとったリビングとクローゼットスペースに、それぞれロフトを設置しています。リビングのロフトは、まだ小さいお子さんがワクワクする遊び場としてお気に入りの場所。下段にはご主人の書斎です。そして玄関から入って左側の現状クローゼットスペースは、今後お子さんが大きくなって個々に部屋が必要になってきた時には壁などで仕切る予定。ロフト上部はベッドとして使い、下段は勉強机を置くこともできます。その時にはリビングのロフトスペースを収納として利用するという、しなやかな発想です。数年単位で変化する子ども部屋のありかたに対応できる可変性のある住まいが完成しました。

ハウズライフ、howzlife、マンション、リノベーション、ロフト、モダン、デザイナーズ

子どもたちがワクワクしてしまうリビングのロフト。マンションでありながら立体的な空間を作り出し、新たな生活スペースが生まれました。

ハウズライフ、howzlife、マンション、リノベーション、クローゼット、ロフト、将来は子ども部屋、可変性

玄関横のクローゼットスペースは洗濯物を畳んだりできるカウンターも設置。将来は子ども部屋に変更予定。

そのほかの画像を見る

ハウズライフ、howzlife、マンション、リノベーション、アイランドキッチン、二列型キッチン、ステンレスキッチン

家のほぼ中心にある二列型キッチン。必要な設備や家電を考慮して、ミリ単位で設計されています。

ハウズライフ、howzlife、マンション、リノベーション、対面キッチン、アイランドキッチン、ステンレスキッチン、キッチン収納

限られたスペースでも開閉した引き出しが干渉しないストレスフリーの造作キッチン。

ハウズライフ、howzlife、マンション、リノベーション、寝室、室内窓

シックなカラーでまとめた寝室はエントランスに面した室内窓から光を取り入れます。

ハウズライフ、howzlife、マンション、リノベーション、玄関土間、玄関収納、ベンチ

広げたエントランスは自転車なども置きやすくなりました。靴を履くためのベンチもあります。

リノベりす編集部コメント

10年過ごして分かった使いにくいところを改善したリノベ。ロフトの機能を入れ替える発想は目からウロコですよね。実は猫ちゃんが2匹いるのですが、お部屋を自由に行き来できるよう猫の動線も造ったそうです。4人と2匹の家族がリラックスして過ごせるよう、水平と垂直方向に空間を活用しています。

ビフォー・アフター

リノベーション前

リノベーション後

この事例のリノベーション会社情報をみる

howzlife(株式会社秀建)

秀建が手掛ける、不動産仲介を含むワンストップ・サービスに特化したブランド。オーダー家具やグリーンコーディネイトもOK。

対応エリア

千葉県 / 東京都 / 神奈川県

この会社のほかのリノベーション事例

もっと見る

関連するリノベーション事例

もっと見る