戸建リノベーション事例

家事ラクで暮らしやすい「エンシェント・モダンハウス」

スタイル工房 (設計・施工)

リノベーション事例「家事ラクで暮らしやすい「エンシェント・モダンハウス」」

キッチン前に水色のカウンター収納を造作し、壁面には青い框とデザインガラスを組み合わせた吊戸棚を造り付け、青と水色と白の美しいコントラストを創出。ダイニングに造り付けたマガジンラックの洋書もインテリアのひとつに。キッチン、ダイニング、廊下には床暖房を採用している。

購入した築古の戸建て住宅が、住みやすさとインテリア性を高めて、イメージ通りの住まいに大変身。

DATA

スタイル工房

物のカタチを変え人の気持ちを変える幸せづくりがモットー

中心価格帯
700 ~ 1,300万円

対応エリア
東京都 / 神奈川県

動線の整理や“見せる・隠す”のメリハリで、家事ラクキッチンに

外国人向けに2×4工法で建てられた築29年の戸建住宅を、「アメリカで住んでいた家みたい」と、購入したAさん夫妻。早速、「2×4工法のリノベーションの経験も豊富なスタイル工房さんに、既存をうまく生かしながら好みの住まいにしたい」と依頼した。
1階は、玄関の近くにユーティリティとキッチンが並列し、独立したダイニングとリビングが引き戸で程よくつながる間取りだったが、共働きで忙しい夫妻のために、スタイル工房は動線を整理して家事が効率化できるプランを提案。そこでまず、キッチン、ユーティリティ、ダイニングは間仕切り壁を部分的に撤去し、キッチンをオープンな対面式につくり変えてダイニングの近くに配し、一体感のあるダイニングキッチンへと生まれ変わらせた。
そして、キッチン収納を造り付けた間仕切り壁を新設し、その裏に納戸やワークスペースを備えたバックヤードを確保。キッチンとバックヤードが回遊できるうえ、玄関からバックヤード、キッチン、ダイニングと一周できるので、家事が一層スムーズに行える。その一方で、床や壁に自然素材を用いたり、こだわりの造作家具で見せる収納を楽しんだりなど、好みのデザインへの探求にも余念がない。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、造作本棚、リビング、無垢床

既存のリビングは申し分のない広さがあり、間取りは変えずにそのままに。内装については、Aさんの「本物の無垢床にしたい」という希望からオークの無垢床を採用。片開きドアの向こうは玄関ホール、引き戸の向こうはダイニングにつながる。

既存のよさを生かし、こだわる所はこだわってイメージ通りに

ゆったりとくつろげる広いリビングは、床をオークの無垢材に張り替え、表面をアンティークな色味に塗装して落ち着いた印象に。ダイニングや玄関ホールにつながる引き戸などは既存の建具を生かし、クラシックな色調の塗装で趣きのある雰囲気に仕上げた。さらに部屋の要所には、デザインや素材、色味にこだわったオリジナルの造作家具を配すなど、さまざまな工夫を施すことで家全体が、夫妻のイメージしていた通りの「古きものと新しきものが交わる“エンシェント・モダン”」な雰囲気に包まれている。
夫妻のこだわりは個室の集まる2階でもいかんなく発揮。専用のサニタリールームを備えた寝室は、間取りの工夫で各部屋から使える共有の洗面室と寝室に分離。洗面室はツーボウルを採用して、家族が同時に身支度できるように配慮した。ほかにも、家族で使える独立したスタディルームを確保するなど、プラスアルファの工夫によって、Aさん家族はストレスフリーな毎日を謳歌しているようだ。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、オールドアメリカンスタイル、本棚、造作家具、壁面収納

Aさんの蔵書がすっきりと収まるように壁付けの書棚を造作。「古き良きアメリカをイメージしたものに」という夫妻の要望に応えたデザインとなっている。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、対面キッチン、ダイニング

ダイニングの位置はそのままだが、キッチンの間仕切り壁を外し、オープンな対面キッチンにつくり変えることで開放感たっぷりに。お気に入りの家具や絵画を飾って「魅せる」空間を楽しんでいる。

そのほかの画像を見る

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、対面キッチン、回遊動線、生活動線、ダイニング

構造を慎重に確認したうえで間仕切り壁を抜き、開口補強も行ったダイニングキッチン。吊戸棚を造り付けた壁の両側からバックヤードに行き来でき、キッチンを中心にぐるりと回れる動線を実現。室内ドアのガラス越しに、玄関ホールや廊下にいる家族の気配が伝わる。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、対面キッチン、キッチンカウンタ―、キッチン収納、造作家具

造作カウンターでキッチンに個性をプラス。キッチンの室内ドアを開ければ玄関と行き来しやすく、食材などもラクに運べる。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、対面キッチン、キッチンカウンタ―、キッチン収納

カウンターの立ち上がりやレンジまわりに取り入れたブルーグレーのタイルが、真っ白なキッチンを美しく引き立てる。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、納戸、勝手口、

玄関ホール側の入り口から見た納戸。既存の勝手口を取り込んだので、ゴミ出しなどに重宝する。奥に見えるのがワークスペース。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、大型シンク、家事室、ランドリースペース、室内干し

洗濯物の手洗いや愛犬のシャンプーをする大型シンクのほか、室内干し用ポールなどを備えた、使い勝手のよいワークスペース。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、階段、玄関ホール

階段と一体感のある間取りをそのまま生かした玄関。改装した白い壁に高窓から降り注ぐ日が反射して明るく、爽やかな雰囲気だ。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、玄関ホール、階段、シック、オールドアメリカンスタイル

玄関やホールに配された収納の扉は、シックな色合いに塗装して落ち着いた雰囲気。写真右側のドアを開けるとキッチンにつながる。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、トイレ、手洗い

ゲストも使う1階トイレは、ベージュを基調にした内装に刷新。身だしなみを整えやすいよう、手洗いカウンターはワイドサイズに。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、寝室、ベッドルーム

専用のサニタリールームを備えていた主寝室から、寝室のみとして使える独立した空間に生まれ変わった夫妻の部屋。カーテンやベッドカバーなどのファブリックにブルーをあしらい、洗練されたカラーコーディネイトを楽しんでいる。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、ツーボウル、洗面台、オリジナル

寝室専用のサニタリールームだったが、浴槽や便器を撤去し、一隅に、妻と子どもが同時に使えるツーボウルを備えた洗面台を造作。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、サニタリースペース、プライベートルーム、トイレ

洗面室の一画には、内部から出入りできるトイレを設置。床や壁、天井の仕上げを洗面室とそろえることで一体感を持たせている。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、脱衣室、サニタリースペース、収納

2階の浴室に隣接していた既存の洗面室は、洗面台を収納カウンターにつくり変えて、脱衣室として活用を。

スタイル工房、戸建てリノベ、2×4住宅、ハーフユニットバス、既存利用

脱衣室から出入りするハーフユニットの浴室。元からあった設備を再利用して改装することで、コストコントロールを図ったそうだ。

MATERIAL

床:オーク無垢材(リビング)、オーク三層フローリング〈床暖房対応〉(ダイニング・廊下)
壁:(一部を除く)
造作:キッチンカウンター、吊戸棚、本棚

INSTRUMENTS

キッチン:TOTO

この事例のリノベーション会社情報をみる

スタイル工房

物のカタチを変え人の気持ちを変える幸せづくりがモットー

中心価格帯

700 ~ 1,300万円

対応エリア

東京都 / 神奈川県

この会社のほかのリノベーション事例

もっと見る

この会社の近日開催イベント

もっと見る

関連するリノベーション事例

もっと見る